塩スイーツっていつから?

『塩スイーツ』という言葉はいつ頃から聞くようになったのでしょう?

おそらく、2年以上前だと思いますが、その当時、東京・吉祥寺の「アテスウェイ」というパティスリーがよく取材されていましたが、今や雑誌の「anan」などが特集を組んだりして、すっかり流行商品の仲間入りをしましたね。

流行商品というと、すぐに忘れ去られるイメージですが、この「塩スイーツ」はすでに2年以上続いているわけですから、十分市民権を得て残っていきそうです。

食べ物の味は好みがありますので、どんなに有名なパティシエが作ったものでも、食べた人が「マズイ」と思えばどうしようもないわけです。

しかし、消えていかない食べ物は、単なるミーハーも含めて「オイシイ」と思う人がそれなりにいるということですね。

それでは「塩スイーツ」とはどんなものがあるのでしょう?

いくつかご紹介していきますので、機会があれば食べてみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64764750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。